冷凍持続で乗り切ったコストダウン家計

12 10月

俺は20代の当初の辺り上京し、お笑い芸人を目指していたのですが、
よくTVで取りられる多くの売れないお笑い芸人がそうであるように、
経済的にかなり強い毎日を強いられていました。
そのため、お笑い芸人ととしての出番の乏しいお天道様に非常勤をして稼いだ僅かなリターンを元手に、
カット毎日をすることになったのですが、様々な毎日の知恵が私のそのカット毎日を助けてくれました。
ひとたび、月並みなのですが、出来るだけ外食は遠ざけ、自炊をするようにしました。
アメイジングで宅配をする際にも主食として、出来るだけ容積が数多くその分少ない2隔たり入りのパスタなどを購入していました。
野菜もそのようにして多々購入していたのですが、取り敢えず野菜というものは日持ちしません。
それでも野菜を食べなくては栄養分のバランスが悪い食べ物になってしまうため、俺は残るツボを用いました。
それは野菜の冷凍入庫だ。
トマトなどは、敢然と水洗いし、ヘタの面をとって感覚を抜きます。
そして、厚めの入庫みたい企画に入れ、感覚を敢然と抜いて密閉してから冷凍入庫行う。
解凍する際は常識融解、もしくは幅で融解行う。
キャベツの千切りも実は冷凍入庫が効くフードで、お金が極端に薄い時は主食がキャベツだった俺は、
キャベツにサラダ油をかけ、日持ちやる冷凍入庫をすることで、常にキャベツを預貯金していました。
冷凍入庫のライフハックで俺は経済的に貧苦した年を乗り切ったのです。