お店に行くことをやめる!

17 6月

家族が増えるにしたがって、増えていくものがあります。やはり一番大きいのは食費ではないでしょうか。我が家では、身長175㎝、体重80㎏の、大型主人や、3歳にして大人顔負けに食べる娘、つい最近も男の子の赤ちゃんが産まれ、ミルクもガブガブ飲んでいます。私も、女にしてはよく食べるほうだし、赤ちゃんが大きくなる頃には、どれだけ食費がかかるのだろう、と、今からぞっとします。

そこで、節約と健康のために、肉は少なくても、野菜などを多く使うことで、gあたりの単価を抑え、健康にもいい食事を作る努力をしています。

たとえば、ハンバーグですが、挽肉に水切りした木綿豆腐を半パック混ぜることで、挽肉も少なくて済んで、子供もよく食べる、ヘルシーハンバーグができます。

あと、挽肉の節約でよく使うのが、高野豆腐です。水で戻した高野豆腐をみじん切りして、トマト缶に混ぜ、炒めた玉ねぎなどと合わせて、塩胡椒、ソース、牛乳で味を整えれば、ミートソース風になり、味も食感もとてもおいしく、子供も喜んで食べます。

あと、意外と出費が多いのが、子供のおやつ代ですが、それもできるだけ手作りすることで、健康にもいい、節約おやつができます。最近では暑くなってきたので、子供がよく欲しがるゼリーは、1リットル100円ほどの安いジュースを買って、溶かしたゼラチンを混ぜて固めることで、かなり大量にゼリーを作ることができ、おすすめです。